社名の由来

社名の由来

「アルーシャ」は、アフリカ タンザニアの都市の名前です。

そもそも、なぜ会社を創ろうと思ったかと言えば、2008年11月岩男壽美子先生(慶應義塾大学 名誉教授)との出会いがキッカケとなりました。
お会いしたとき、岩男先生は既に「フレンズ オブ マツマイニ」の構想を具体化させており、翌12月にはマイクロファイナンス・プロジェクトを実施するにあたり、現金200万円を持ち、タンザニア(アルーシャ)へ出発されるタイミングでした。
「先生、私も一緒に行かせてください!」とお願いしたところ、「良いですが、来月ですよ」・・・冷静に考えれば、サラリーマンの私には翌月(しかも師走)に突然2週間休暇を取りタンザニアへ渡航するのは難しく「やっぱり、ちょっと難しいです」と断念しました。
そのときに「サラリーマンはもう終わりかな~」と、漠然と感じたのを憶えています。

フレンズ オブ マツマイニ」プロジェクトが成果を出していくためにも、"タンザニアの素晴らしい商品をフェアトレードしよう!"と考えました。また、引き続きファンドレイジングを行っていく必要もあります。そこで"組織をつくりましょう"というお話になり、私は事務局をさせていただくことに。
ただ、組織と言っても、NPOは設立の手続きなど簡単ではなく、岩男先生は以前NPOの立ち上げに関わられたこともあり、NPO設立運営の大変さを理解されていたため"NPOではない組織"を考えました。
そういう経緯の中で、「岩男先生、私、会社作りますよ」とお話しました。フェアトレードなど物品販売については、一般法人(企業)でやれば良いかなぁと思ったからです。

という発想で、株式会社アルーシャは設立されました。

つづく

ページトップへ

ネイルアートサービス、ネイル商品、ネイルレッスンなどなどネイル関連はこちら

詳細を見る

異色講師による英語/フランス語/中国語/ミャンマー語レッスンで、多文化コミュニケーション!

詳細を見る

[チャリティ型ネットショップ]
あなたのショッピングが難民支援につながります

詳細を見る

各種ビジネスコンサルティング、起業準備や人材採用、転職・就職のご相談まで行っております

詳細を見る